水軒川の生物・水質調査

 昨夜あたりから涼しくなり、ようやく秋めいてきました。
 きょう1013日、午後から水軒川の生物・水質調査を住民のみなさん参加のもと行いました。自分たちが住むまち、生活圏に流れる内川は美しくあってほしいものです。違法な汚水の排水や不法投棄の撲滅などは当たり前、私たちの普段の暮らしから出す生活排水に少し意識が向けられるようになればきっと川はキレイになる、そして環境に優しくなれると信じます。
 
 



 
 前回8月中旬の水軒川清掃に続き、今回もスーパーサンワさんのご厚意で駐車場をお借りし、そこに本部を設置して開催。きょうまでの約2週間、水軒川一帯に仕掛けたカゴなどで捕獲した生物を水槽展示。ハゼやシマイサギ、コンズイ、コトヒキにメッキのほかバラクーダーことオニカマスの幼魚。中でも特に目をひいたのが立派なウナギとドウニュウガニでした。すべて水軒川で捕れた生物です。


 で、この日のメーンイベントは、田ノ浦漁協青年部を中心に和歌浦、雑賀崎の漁師さんたちの協力のもと実施した地引き網による生物調査。子どもたちと一緒に引いた網の中には、40袖蕕鯢頭にチヌ(クロダイ)2匹とヘダイ数匹、ウミウシにハゼなどが入っていました。たった一度の網入れでしたが、立派なチヌも捕れて、子どもたちやそのご両親たちも水軒川が魚のすみかになっていることを目の当たりにし、驚いたんじゃないでしょうか。
 
 

 この後、県立自然博物館の学芸員さんらによる捕獲生物の生態説明や検査紙を使った簡易の水質調査などを参加者も一緒になって行いました。
 前記したように、自分たちのまちはキレイであればあるほどいい、というのは万人の思いでしょう。でもキレイにするには行政や企業の力が必要です。私たち住民レベルでは「汚さない」ようにすればいいんじゃないでしょうか。きょう見た事実がその意識につながればうれしいです。そしてその意識がきっとまちをキレイにするんだ、と思います。












 
 

 水軒川とハナミズキ通りの美化活動はまだまだ続きます、続けます。第3弾、第4弾もまた報告します。

 うごく、つながる、まちづくり!めざせ喜の国!!
 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

  • ごあいさつ
    muga

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM