大橋市長退庁式

 3期で引退する大橋和歌山市長の退庁式が8月22日、市役所正面玄関前で行われました。
人の世は移ろいやすいものですが、大橋市長が初当選された12年前は、過去の政治の混乱や政策判断ミスというか、和歌山市の身の丈に応じた判断を明確なビジョンを示すこと無く進めてきたツケで市の財政状況は火の車でした。市長の評価は人それぞれあろうかと思いますが、市民には都市計画税や下水道料金等の値上げをお願いし、また、年々行政需要が増えて窓口業務が膨らむ中、当時は市民100人当たり1人と言われていた職員定数が現在では3000人程度まで削減してきました。ほぼ同期間議員としてお付き合いさせて頂いた私としましては、市長は戦人として選挙に臨むにあたり人気取りの政策を掲げず、淡々と和歌山市や市役所と公を磨いて頂いたと思います。
 この間、政権交代やリーマンショック、東日本大震災、そして政権交代と和歌山市を取り巻く社会情勢が大きく変動する中、和歌山市長としての舵取りは困難を極めたはずです。12年間、本当にお疲れ様でした。
               
 大橋市長が退職するにあたり、同時期に退任されました方々がいらっしゃいます。松見副市長・射場選挙管理長・藤原公営企業管理者です。
 それぞれの方には、公私にわたり大変お世話になりました。組織人として常に公(和歌山市・市役所)を大切にしながら義理人情に厚く、しかし、決して情に流される事無く職務を全うされましたことに、心より敬意を表すると共に、感謝申しあげます。
 お見送り式の際、ある職員の方が手書きでゆずの「栄光の架橋」を綴ってくれていました。栄光の和歌山市を築くため、人知れずご尽力されていた姿をみて送られたメッセージだと思います。私も、ご指導いただいた事を旨に頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。
 
 

副議長就任のごあいさつ…

 
 6月定例市議会において新たな体制が整い、私も副議長にご選任いただきました。
 
ご支援いただいております皆様のお力添えによって、初当選から3期連続で議会に押し上げていただいておりますが、まだまだ若輩者。この責務の重大さに身の引き締まる思いでおりますが、山積する市政の課題を審査、解決していくための議会運営、そして市民の皆様に興味・ご理解をいただくための開かれた議会を目指すために誠心誠意努めて参りたいと決意しているところでございます。
 
副議長といえ和歌山市議会の中の一議員であります。これまで同様に厳しい目をもって市政をチェックし、市民の皆様がよりよい暮らしをお送りになられますよう、まちづくりへの情熱をもって提案続けていくことを改めてお約束します。

 「すべては道から」。尾まさやのロードマップは着実に延びつながっています。さらにこの狷鮫瓩魃笋个掘∪鞍して、産業・文化・人のネットワークを高めていきます。
 これからも引き続き議会に対しまして、ご支援、ご理解を賜りますよう、心よりお願い申し上げ、就任のご挨拶といたします。
 

築地川周辺地域の環境美化活動第3弾!シンポジウム開催!!!

 
 築地川、水軒川、市堀川の周辺地域の環境美化運動の第3弾であるシンポジウムが2月16日、県歯科医師会館で行われました。多くの住民のみなさんをはじめ、県や和歌山市の河川整備や環境政策の担当者、県立自然博物館の学芸員などさまざまな関係者や専門家に出席いただき、意見を発表していただきました。

 今回のシンポジウムは、8月の築地川清掃、10月の築地川生物調査と連動して開かれたものです。清掃や調査によってどんなことが分かったのか、またさらなる環境美化のためにどういったことが必要なのか。加えて今後の運動をどうしていくべきなのかなど、ここへ住む皆さんと、専門家の意見を聞きながら考えていこうという趣旨の開催でした。

 自然博物館学芸員の楫善継さんは、和歌山市の沿岸域の生態系などに関して話してくれました。和歌浦湾では豊富な種類の魚介類が生息し、環境破壊によって生息が確認できなかった種も最近では確認できるようになってきたことなどを報告され、海や川の生命力の強さと可能性をアピールされました。

 続いて、この3河川をホームに年がら年中釣りにいそしむ「花水木通りの釣りキチ三平」こと、和歌山工高1年生の笹本樹くんが、3河川で自ら釣り上げた魚の写真を公開。3河川では、チヌやスズキのほか、メッキやアジなども釣れるとのこと。また、バラクーダーやカライワシなど珍しい魚種も回遊してくることを報告して参加者を驚かせるとともに、川環境が間違いなく改善していることを印象づけてくれました。






 最後に過去2回の環境美化運動に協力いただいたNPO法人自然体験学習支援センター副理事長の中家勝さんが、県内で実施してきた取り組みの成果と課題などについて報告。やはりこういった環境美化運動はなかなか継続していくことが難しく、また行政の協力、理解も得られにくいことなど経験を通じたリアルなお話をしていただき、今後の私たちの取り組み方へのヒントを伝えてくれたように思います。


 

 私も少しシンポジウムの中で話させていただいたのですが、この環境美化運動についてこのように思っています。

過去は日本で2番目に汚い川とされた築地川が少しずつ美しくなり、カニや貝、ゴカイが戻り、それを狙って魚が入ってくる。そして、その魚を狙って笹本くんのような釣りキチが竿を振り、糸を垂らす。
 「きょうはチヌの大きいのが釣れた」「あそこでスズキが跳ねている」「そろそろアジが回遊してくる季節だ」とコミュニケーションが活発化し住民の川への注目が集まる。すると川はさらに綺麗になり、今度は周辺の街並みにも意識がいく。そういった良い波及効果によってまちづくりはされていき、それはきっと地域住民の暮らしを豊かにしてくれるものだと信じています。
 今回のシンポジウムが最初の節目、ひとつの区切りではありましたが、3河川とその周辺地域の環境美化の取り組みは継続していきます。また何かを企画し、住民のみなさんと手を携えて爐Δ瓦 つながる まちづくり瓩鮨覆瓩討いたいと思っています。
 この日参加いただいたみなさん、ご協力いただいた関係者の方々に深く感謝いたします。

 

水軒川の生物・水質調査

 昨夜あたりから涼しくなり、ようやく秋めいてきました。
 きょう1013日、午後から水軒川の生物・水質調査を住民のみなさん参加のもと行いました。自分たちが住むまち、生活圏に流れる内川は美しくあってほしいものです。違法な汚水の排水や不法投棄の撲滅などは当たり前、私たちの普段の暮らしから出す生活排水に少し意識が向けられるようになればきっと川はキレイになる、そして環境に優しくなれると信じます。
 
 



 
 前回8月中旬の水軒川清掃に続き、今回もスーパーサンワさんのご厚意で駐車場をお借りし、そこに本部を設置して開催。きょうまでの約2週間、水軒川一帯に仕掛けたカゴなどで捕獲した生物を水槽展示。ハゼやシマイサギ、コンズイ、コトヒキにメッキのほかバラクーダーことオニカマスの幼魚。中でも特に目をひいたのが立派なウナギとドウニュウガニでした。すべて水軒川で捕れた生物です。


 で、この日のメーンイベントは、田ノ浦漁協青年部を中心に和歌浦、雑賀崎の漁師さんたちの協力のもと実施した地引き網による生物調査。子どもたちと一緒に引いた網の中には、40袖蕕鯢頭にチヌ(クロダイ)2匹とヘダイ数匹、ウミウシにハゼなどが入っていました。たった一度の網入れでしたが、立派なチヌも捕れて、子どもたちやそのご両親たちも水軒川が魚のすみかになっていることを目の当たりにし、驚いたんじゃないでしょうか。
 
 

 この後、県立自然博物館の学芸員さんらによる捕獲生物の生態説明や検査紙を使った簡易の水質調査などを参加者も一緒になって行いました。
 前記したように、自分たちのまちはキレイであればあるほどいい、というのは万人の思いでしょう。でもキレイにするには行政や企業の力が必要です。私たち住民レベルでは「汚さない」ようにすればいいんじゃないでしょうか。きょう見た事実がその意識につながればうれしいです。そしてその意識がきっとまちをキレイにするんだ、と思います。












 
 

 水軒川とハナミズキ通りの美化活動はまだまだ続きます、続けます。第3弾、第4弾もまた報告します。

 うごく、つながる、まちづくり!めざせ喜の国!!
 

猛暑の中、水軒川清掃!

 
ゴミの不法投棄なども相次いでいた水軒川、築地川の堤防沿い。これを住民参加のもとで整備を進めてきました。水軒川では魚釣り大会なども実施して、さまざまな生物がに戻ってきていることも確認しています。
 
そして、去る8月17、18の両日、今回は水軒川そのものの清掃を住民の皆さんと一緒に行いました。

 貯木場だったころの名残のロープやワイヤーの残骸、さらには不法投棄による自転車やバイク、鉄くずなど、4泥肇薀奪数十台分のごみを撤去しました。
 暑い2日間でしたが、みなさんお疲れ様でした。
 
 今年中には、改めて生物調査を実施する予定です。その際、再びご協力頂くことになるかも知れませんが,
よろしくお願いします。


ちょっといい話

 とある公園の話です。お世話いただいているのは、主に老人会の方々です。先日も、自ら刷毛をもちトイレやベンチ、砂場の柵をペンキで綺麗に塗りなおしてくれていました。
 日頃から、少ない人員で草刈や花植え等に汗を掻き、知恵を出しあい公園をいう公をみがいてくれています。その内の一人の方が、嬉しそうに話をしてくれました。
 ある日の夕方、見知らぬ7・8名方々が何気に公園の掃除をしてくれていたそうで、何処の方か訪ねたところ、近所で働く会社の社員さんだったそうす。
 じいさま・ばあさまは、その何倍もお世話してくれているのに、その事にいたく感動し、ありがたいこっちゃ、ありがたいこっちゃ、といって本当に喜んでいました・・・・・・・・・・。
 


昨日、元広島カープ監督 達川氏の講演会にいってきました。

 大阪八尾市の文化会館で開催された講演会でしたが、達川氏が野球というスポーツを通し歩んできた経験談で、テーマは「苦しみを笑いに変えた野球人生」でした。あまり野球というスポーツに関心のない私でしたが、野球という特殊な社会の窓を通して感じてきた事、振り返り感じている内容はとても機智に富んだ内容でした。
 自分で選んだ道で人の何倍も努力され成功された方ですが、その道のりの上で、今日の自分があるのは、いろんな事はあるけれどもその一つとして、達川氏が卒業された野球部の部室に掲げられていた「徳川家康遺訓 」だったそうです。
 人の一生は、重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。 不自由を常と思えば不足なし、心に望み起らば困窮したるときを思い出すべし。 堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え、 勝つことばかり知りて、負けることを知らざれば、害その身に・・・油断や慢心しそうになった際思い返すそうです。
 わが身に置き換えると恥ずかしい限りです。

和歌山市2013年度当初予算

和歌山市の2013年度当初議会は慎重な審議の結果、当初予算案を含む全議案を可決して閉会しました。

当初予算は一般会計が約1470億3200万円で前年比11・1%増の積極型となっています。しかし、今年度は、税収の落ち込みが見込まれていて歳入のうち自主財源は全体の46・6%です。残る半分以上の財源は、市債の大幅発行(17・8%)や国庫支出金(18・7%)など借金によるもので、相変わらず厳しい財政状況が続いています。

そんな中で積極型に転じた理由は、土地開発公社解散のための資金や道路網の整備、ごみ・し尿処理施設の再整備、国体準備のためのテニスコート整備に多額を要したため。これらは将来負担を減らすという目的と、市民生活に支障を生じさせないためなど必要な投資といえます。加えて、生活保護費などの扶助費の増加もあって、借金に加えて市の貯金にあたる財政調整基金も大きく取り崩し財源に充てました。

一方で「未来のために」やらなければならない投資もしています。特に今年度は「命を守る」「人と文化を育てる」「ふるさと力を高める」の3つの視点を重視。「命を守る」は、地域防災計画の見直しとそれに関連した事業に加え、和田川流域の浸水対策、消防・救急救助体制の充実など。「人と文化を育てる」は若手芸術家育成支援や基礎学力・基礎体力の向上対策、子育て支援の充実など。

そして「ふるさと力を高める」では、都市計画道路の整備や企業情報サイトの開設、地域バスの運行などに加えて、文教の杜を目指した「砂山・今福地区まちづくり整備計画」の引き続いての事業費も盛り込まれています。

今後はこの予算の執行に目を光らせるとともに各事業の是非、進捗などについても注意深くみていきます。そして、自分なりに感じたことやまちづくりの思い、提案を今年度も積極的にしていきたいと、心を新たに気を引き締め直しています。

和歌山市当初予算の概要は下記URLからご覧になれます。
http://www.city.wakayama.wakayama.jp/menu_1/gyousei/zaisei/h25_tousyo.html

【追伸】


 3月17日には皆さんの協力のもと、「築港ハナミズキ通り」の完成式典が行われました。
 スーパー「サンワ」さんの駐車場をお借りして、力士のシコによる「地固め」式やもち投げでお祝いしました。
 また一つ地域の猜瓩増えました…


オリンピックも熱いがわかやまも暑い。」

  昨晩は、2030わかやま・まちのちから塾第3回に参加させて頂きました。
今回で、第1回と第3回の二度目の参加になりましたが、大変、参考になりましたし刺激もいただだきました。
 今後、想定される様々な行政課題や社会問題を20年30年後という中長期を見据えて、住民・事業者・行政で課題を共有し様々な軸をたて、まちづくりの具体的な方策を検討することです。
 講師として森ビル顧問で、株式会社タフ・コーポレーション 社長 藤後 幸生様をはじめ、関係者の方々が歴史的な縦軸と今起こりえている横軸を踏まえ、様々な事を問題提起してくれています。
それらを踏まえわがまち和歌山市の2・30年後をワークショップを通じて「まちなかの将来構想」を導きだすとのことです。
 国も地方行政もお金がない中で、予算の使い道の優先順位をどの様に付けていくか。
ないより在ったほうがいい。の感覚では済まされない実状あるとおもいます。
 それらは、何処でも共通する課題であり、問題は自分たちのまちにあり、答えも足元にある。
どうすれば人ごとから自分たちの事にして、情報や課題を共有できるかに尽きると思います。              

 このワークショップの狙いは、民間の活力を活かせてして再開発事業の推進だと思います。
関心のある方は、4回8月23日19時〜21時 市役所14F大会議室で5回目は9月27日同時刻にありますので、参加してみて下さい。
 
 今日の午前中は和歌山大学のシステム工学課へまちづくりの相談で、お邪魔してきました。

 午後から海草振興局へ打ち合わせ(水軒・築地川の環境調査事業・その他)に行ってきます。
これらの事業が進んでいけば結構面白いことになると思いますので、ちょいちょい報告して参ります。

ごあいさつ

 きょうは、ようやくパソコンが直りました。やっと自由に使えるようになったので、これからこのページで私の活動をちょくちょく報告させていただきます。
 アナログなので使い勝手がまだよくわかっておりません。ご迷惑おかけするかも知れませんが、お付き合いくださいませ。よろしくお願いします



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

  • ごあいさつ
    muga

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM